フォト
無料ブログはココログ

« 最近の報道を見て思う中立性について | トップページ | 住み慣れた町を離れるということ »

2011年5月13日 (金)

上原さんの自殺報道について思う孤独やさみしさについて

昨日,芸能人の上原さんが亡くなったとの報道がありました。現時点では自殺とのことで,冥福をお祈りします。

最近は海外も含めて,活躍中の芸能人などが自殺することをよく目にすることがあります。活躍中なので,生活苦での自殺とは違う要素を持っているのでしょう。

なので,生活苦にあえいでいる人からすれば,生活に困らないだけのお金があるのに理解できないということになるのかもしれません。

ただ,共通項はないわけではないと思われます。経済的貧困での生活苦の場合,一番の不安は先が見通せないことではないかと思われます。「この先どうすれば?」というものでしょう。

一方で,経済的に裕福であれば先が見通せない不安はないとは言い切れません。今回の場合でいえば,ブログに「孤独」や「さみしさ」を感じさせる発言が多くみられたとのことでした。結婚願望もその孤独感から逃れたい裏返しだったのかもしれません。

人は多くの不安に襲われ,ストレスを抱えながらもどうにか生活しております。そのストレスに勝つために,負けないために,人は人を頼ることもあります。

使い古された言葉ですが,人は一人では決して生きてはいけません。

そう考えた時に,自分の心の中の不安が「孤独」であったとき,その不安は,心の中で大きくなりこそすれ,小さくなれる要素はありません。「孤独」な不安なために,人に頼ることができない。つまり,「孤独」であるため,もしまた裏切られたらといった「孤独」の相乗効果となってしまうような出来事を起こさないためには,人は頼らないほうがいいのです。

なので,また一人で抱え込む。「本当の意味で自分を助けてくれる人」の存在を必死で望みながら,しかし,一方でその存在にめぐり合うためには人との関係づくりをしていかなければならないわけで,それが怖くてできない。

「孤独」の不安が根底になると「小さな裏切り」であっても「やっぱりか」と人間不信は強まってしまうわけです。

今朝,芸能人の内田さん逮捕のニュースが流れました。女性に対して交際を強要し,脅迫的な行動を取ったような報道がされていたと思います。

「孤独」の中,ある人の存在が「小さな光」であっても,自分の暗黒の孤独を照らす一筋の光として思えたとき,その人が唯一の存在に見え,何としてもその関係を継続しようとしてしまう。

一見わがままに見えるその行為も,実は「孤独」の海で溺れそうになっている者がわらをもつかむ思いで,後先考えず,行ってしまうこともあります。

上原さん,内田さんの報道やその事実は一切わかりませんが,芸能界って孤独でさみしいところなのかなぁと感じ,書いてみました。

また,自殺に関する報道については,それが与える社会的影響を考えながら,慎重に取り扱う必要があると思われます。

« 最近の報道を見て思う中立性について | トップページ | 住み慣れた町を離れるということ »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

福祉・人権」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上原さんの自殺報道について思う孤独やさみしさについて:

« 最近の報道を見て思う中立性について | トップページ | 住み慣れた町を離れるということ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック