フォト
無料ブログはココログ

« 障がいのある人にとって暮らすことの大変さ | トップページ | 虐待の防止について »

2011年5月31日 (火)

君が代斉唱起立命令「合憲」判決について思うこと

今回の判決についてよく言われていることは「思想・良心の自由」の制約について出と思います。思想の自由は内なる部分では完全なる自由であってこれを誰かが制約することは違憲である前に,非常に困難であると思われます。

そして,「思想・良心の自由」はその内面にとどめ置く場合については何ら制約なく認められる自由と考えられます。

しかし,それが外部へ表出される場合,それは場合によって何らなの制約を受けることになります。

誰かを好きになり,その気持ちが心全体に広がっていても,それはその人の自由の範囲でしょう。しかし,その思いが高じてストーカーまがいの態度として表出されると,これは相手への影響も考えて,制約せざるを得ない場面が出てきます。

それでは今回の起立命令がそういった制約せざるを得ない場面であるかどうかが問われると思われます。最近はこういった内容の条例が大阪府で提案されているとも聞きます。

私自身は,公務員は様々な思想に対して中立的な立場を表出すべきではないかと考えています。

かといって過度にその立場をかたくなに守らせようとするのはどうかとも思われます。

そういった両面から考えて,今回は学校という教育現場で行われる表出活動はこの場合制約が必要かということです。

私が親として,自分の子どもの担任の先生だけ,かたくなにそのような態度をとっていたとしたら,「この場面でここまでの態度をとるということはかなり,思想的に偏っておられる。担任の先生として心配だなぁ」と素直に思うと思われます。

一方で,そのような態度を全然見せないまま,例えば,違う保護者から,「あの人はご自身の経験や思いなんかで,君が代には反対されていて,いろいろと仲間内で勉強されて,国等にも意見を出しているらしいよ。でも,この場において自分を出すのは間違いだから,自分の中で区別されて行動されているらしいよ」と聞くと,頑張っておられるんだなぁと素直に思うと思われます。

教育者である前に思想をもった個人であることは理解できます。しかし,教育の場においては教育者として子どもに与える影響を考えて行動してほしいと思いました。

« 障がいのある人にとって暮らすことの大変さ | トップページ | 虐待の防止について »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

法律・制度・許認可」カテゴリの記事

福祉・人権」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 君が代斉唱起立命令「合憲」判決について思うこと:

« 障がいのある人にとって暮らすことの大変さ | トップページ | 虐待の防止について »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック