フォト
無料ブログはココログ

« 君が代斉唱起立命令「合憲」判決について思うこと | トップページ | »

2011年6月 1日 (水)

虐待の防止について

虐待による事件が後を絶たない状況が続いています。親族による高齢者虐待,親による子どもの虐待,施設等での虐待,ほとんど毎日のようにニュースが流れています。

先日,岡山市でも虐待の疑いにより16歳の高校生が亡くなりました。

気になるのは,例えば,老老介護等での介護疲れの中で引き起こされた殺人などで,一方的に加害者が非難されるのではなく,同情される面もあるということです。

もちろん,大変な状況の中での介護は想像を絶するものであると思われます。しかし,人を殺める行為はほんの少しでも「しょうがないか…」と思ってはならないと思います。

加害者が同情されることで,自分も社会的被害者であったとの意識が芽生えるかもしれません。そしてその芽生えは,起こしてしまった加害者の人でなく,現時点で介護等に追われている人の心に植えつけられることもあるでしょう。

今回の岡山市の事件では,本人の自傷行為をやめさせるために手足を縛ったという供述があったと新聞で報道されていました。しつけのために暴力を振るったという点もあったと思います。

誰でも,そのような行為が容認されるとは思っていないでしょう。しかし,自分の能力値を越えた現実が目の前にある時,「力ずく」な行為に走ってしまうもの現実でしょう。これを「しょうがない…」「いけないことだけど,気持ちはわからないでもない」と同情的に容認してしまうと,虐待は亡くならないと思われます。

個人等の対応でのその能力値を超えた場合には,やはり,社会がそれを支えていくほかはないのではないでしょうか?

役所は「事件が起こらないと動いてくれない」と言われることもあったようですが,現在は迅速に動く体制があるのではないのですか?事前相談,予防的措置を専門家がきちんと対応し,アドバイスできるような体制を一刻も早く作ってほしいと思います。

必要なのは加害者に対する罰ではく,救済的措置だと思われます。

« 君が代斉唱起立命令「合憲」判決について思うこと | トップページ | »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

法律・制度・許認可」カテゴリの記事

福祉・人権」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 虐待の防止について:

« 君が代斉唱起立命令「合憲」判決について思うこと | トップページ | »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック