フォト
無料ブログはココログ

« 暑いけど,青空はいいもの | トップページ | 台風が来ています »

2011年7月15日 (金)

人それぞれに生きる道

昨日,兵庫県の芦屋と西宮にある権利擁護センターへ見学・研修に行ってきました。私が事務所を構える倉敷市でもそのようなセンターを作る動きがあるようで,その実行部隊によって計画された研修会に便乗させてもらった形です。

それはそれで,勉強になりました。

ただ,私の気持ちは違う部分にとらわれ続けていました。

ここ,岡山県に比べて,兵庫県は人口が多いため,神戸などの都会に行くと,大きなマンションがたくさん建っていました。

阪神大震災から,みごとな復興を遂げた町は,そこに住む人たち一人一人のエネルギーによって支えられているんだろうなと感じました。

大きなマンションを見ると,ベランダに生活を感じさせる洗濯物や布団など干されています。あの窓の中,一つ一つに生活があるんだなとつくづく感じ,そこで生活する一人ひとりにまた人生がある。

あの大きなマンションの中にはどれだけの人生が詰まっているのだろう。たぶん,その人生を形であらわすことができれば,あのマンションには入りきれないだろう。

一人ひとりが,自分が主役の人生を,生活の舞台の中で演じている。過ごしている。

権利擁護とはそのとてつもなく広いそれぞれの人生を理解し,守っていくこと。

私は何と,とてつもない際限のない世界に足を踏み入れようとしているのだろう。

プロの後見人として,また気持ちが引き締められた,バスの中での出来事でした。

« 暑いけど,青空はいいもの | トップページ | 台風が来ています »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

法律・制度・許認可」カテゴリの記事

福祉・人権」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人それぞれに生きる道:

« 暑いけど,青空はいいもの | トップページ | 台風が来ています »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック