フォト
無料ブログはココログ

« コンサートの準備 | トップページ

2011年9月24日 (土)

倉敷権利擁護フォーラムに行ってきました。

倉敷権利擁護フォーラムなるものに行ってきました。

メインのテーマは市民後見。

高齢化社会の中で後見人の役割は重要になってくると思われます。その中で市民がお互いに支えあおうという市民後見という仕組み。

理屈の上ではわかりましたが,今一歩,私の気持ちの中にすとんと落ちるものはありませんでした。

後見人の役割は大きく身上監護と財産管理に分かれるとものの本には書かれてあります。しかし,その具体的内容については個々のケースにゆだねられています。つまり,これといったマニュアルがないわけです。

私自身も後見人をしており,実践研修のようなものにも参加させていただいていますが,福祉と本人,環境等を十分に理解したうえで,イニシアチブをとりながら実践されているケースはあまり耳にしません。

「専門職による後見」という言葉は聞くのですが,「後見の専門家」という言葉はあまり聞きません。

私見ですが,後見業務の世界はなんとも「ファジー:古い言葉ですが」な世界なのです。そういったあいまいな世界にいわゆる「市民」という素人を参入させる。

素人というのは失礼な言い方ですが,介護者の方たちは3ヶ月~6ヶ月くらいの学習・実習期間を経ておられます。市民後見人は「人生に関わる」にもかかわらず,1カ月程度の学習期間,それも実習期間も非常に短いわけで,そういう意味では素人であるといえるのではないでしょうか?

さらに,無報酬。

無償で行うことで,被後見人とは対等とは言えない立場になってしまいます。

市民後見人はこれから必要となりますと言いますが,これからの高齢化社会に向けて安く使える後見人が必要となるのではなく,地域コミュニティーを活性化する役割をも果たす可能性のある市民後見人とするには,専門職自身がもっと後見制度,後見人の役割と業務などをしっかりと認識・学習する必要があると改めて思いました。

がんばります。

« コンサートの準備 | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

法律・制度・許認可」カテゴリの記事

福祉・人権」カテゴリの記事

コメント

まだ、耳慣れない感じのお仕事?ですね。
何というか試行錯誤の最初の一歩のような…
大変なことに身をおかれる勇気を尊敬しますぅ
頑張って下さいね。
また、お話載せてください

ありがとうございます。
今後も前向きに進めていきたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 倉敷権利擁護フォーラムに行ってきました。:

« コンサートの準備 | トップページ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック