フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「心と体」の記事

2011年7月15日 (金)

人それぞれに生きる道

昨日,兵庫県の芦屋と西宮にある権利擁護センターへ見学・研修に行ってきました。私が事務所を構える倉敷市でもそのようなセンターを作る動きがあるようで,その実行部隊によって計画された研修会に便乗させてもらった形です。

それはそれで,勉強になりました。

ただ,私の気持ちは違う部分にとらわれ続けていました。

ここ,岡山県に比べて,兵庫県は人口が多いため,神戸などの都会に行くと,大きなマンションがたくさん建っていました。

阪神大震災から,みごとな復興を遂げた町は,そこに住む人たち一人一人のエネルギーによって支えられているんだろうなと感じました。

大きなマンションを見ると,ベランダに生活を感じさせる洗濯物や布団など干されています。あの窓の中,一つ一つに生活があるんだなとつくづく感じ,そこで生活する一人ひとりにまた人生がある。

あの大きなマンションの中にはどれだけの人生が詰まっているのだろう。たぶん,その人生を形であらわすことができれば,あのマンションには入りきれないだろう。

一人ひとりが,自分が主役の人生を,生活の舞台の中で演じている。過ごしている。

権利擁護とはそのとてつもなく広いそれぞれの人生を理解し,守っていくこと。

私は何と,とてつもない際限のない世界に足を踏み入れようとしているのだろう。

プロの後見人として,また気持ちが引き締められた,バスの中での出来事でした。

2011年5月13日 (金)

上原さんの自殺報道について思う孤独やさみしさについて

昨日,芸能人の上原さんが亡くなったとの報道がありました。現時点では自殺とのことで,冥福をお祈りします。

最近は海外も含めて,活躍中の芸能人などが自殺することをよく目にすることがあります。活躍中なので,生活苦での自殺とは違う要素を持っているのでしょう。

なので,生活苦にあえいでいる人からすれば,生活に困らないだけのお金があるのに理解できないということになるのかもしれません。

ただ,共通項はないわけではないと思われます。経済的貧困での生活苦の場合,一番の不安は先が見通せないことではないかと思われます。「この先どうすれば?」というものでしょう。

一方で,経済的に裕福であれば先が見通せない不安はないとは言い切れません。今回の場合でいえば,ブログに「孤独」や「さみしさ」を感じさせる発言が多くみられたとのことでした。結婚願望もその孤独感から逃れたい裏返しだったのかもしれません。

人は多くの不安に襲われ,ストレスを抱えながらもどうにか生活しております。そのストレスに勝つために,負けないために,人は人を頼ることもあります。

使い古された言葉ですが,人は一人では決して生きてはいけません。

そう考えた時に,自分の心の中の不安が「孤独」であったとき,その不安は,心の中で大きくなりこそすれ,小さくなれる要素はありません。「孤独」な不安なために,人に頼ることができない。つまり,「孤独」であるため,もしまた裏切られたらといった「孤独」の相乗効果となってしまうような出来事を起こさないためには,人は頼らないほうがいいのです。

なので,また一人で抱え込む。「本当の意味で自分を助けてくれる人」の存在を必死で望みながら,しかし,一方でその存在にめぐり合うためには人との関係づくりをしていかなければならないわけで,それが怖くてできない。

「孤独」の不安が根底になると「小さな裏切り」であっても「やっぱりか」と人間不信は強まってしまうわけです。

今朝,芸能人の内田さん逮捕のニュースが流れました。女性に対して交際を強要し,脅迫的な行動を取ったような報道がされていたと思います。

「孤独」の中,ある人の存在が「小さな光」であっても,自分の暗黒の孤独を照らす一筋の光として思えたとき,その人が唯一の存在に見え,何としてもその関係を継続しようとしてしまう。

一見わがままに見えるその行為も,実は「孤独」の海で溺れそうになっている者がわらをもつかむ思いで,後先考えず,行ってしまうこともあります。

上原さん,内田さんの報道やその事実は一切わかりませんが,芸能界って孤独でさみしいところなのかなぁと感じ,書いてみました。

また,自殺に関する報道については,それが与える社会的影響を考えながら,慎重に取り扱う必要があると思われます。

2011年2月 2日 (水)

出会いについて

生きている中で,人は多くの人と出会い,その出会いの中で,喜び,悲しみ,怒りなど様々な思いと出会います。

誕生した時に親と子の出会いがあり,子は親の支えの中で自分の世界を少しずつ広げ,新たな出会いに遭遇し,そして自分の世界を確立していきながら,親から独立していき,そして独立した子は,また新しい出会いの中で,愛を見つけ,そして親になります。

生きている中で無数にある出会い,しかし,一方で心に残る出会いというものは意外に少ないのかもしれません。心に残ると言ってもいい残り方だけではありません。あの野郎と思うような悪い残り方をするものもあるでしょう。

心に良い印象の残る出会いを多くできたこと。いい人間関係に恵まれること。これも幸せを測る一つの物差しなのかもしれません。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック