フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2011年9月24日 (土)

倉敷権利擁護フォーラムに行ってきました。

倉敷権利擁護フォーラムなるものに行ってきました。

メインのテーマは市民後見。

高齢化社会の中で後見人の役割は重要になってくると思われます。その中で市民がお互いに支えあおうという市民後見という仕組み。

理屈の上ではわかりましたが,今一歩,私の気持ちの中にすとんと落ちるものはありませんでした。

後見人の役割は大きく身上監護と財産管理に分かれるとものの本には書かれてあります。しかし,その具体的内容については個々のケースにゆだねられています。つまり,これといったマニュアルがないわけです。

私自身も後見人をしており,実践研修のようなものにも参加させていただいていますが,福祉と本人,環境等を十分に理解したうえで,イニシアチブをとりながら実践されているケースはあまり耳にしません。

「専門職による後見」という言葉は聞くのですが,「後見の専門家」という言葉はあまり聞きません。

私見ですが,後見業務の世界はなんとも「ファジー:古い言葉ですが」な世界なのです。そういったあいまいな世界にいわゆる「市民」という素人を参入させる。

素人というのは失礼な言い方ですが,介護者の方たちは3ヶ月~6ヶ月くらいの学習・実習期間を経ておられます。市民後見人は「人生に関わる」にもかかわらず,1カ月程度の学習期間,それも実習期間も非常に短いわけで,そういう意味では素人であるといえるのではないでしょうか?

さらに,無報酬。

無償で行うことで,被後見人とは対等とは言えない立場になってしまいます。

市民後見人はこれから必要となりますと言いますが,これからの高齢化社会に向けて安く使える後見人が必要となるのではなく,地域コミュニティーを活性化する役割をも果たす可能性のある市民後見人とするには,専門職自身がもっと後見制度,後見人の役割と業務などをしっかりと認識・学習する必要があると改めて思いました。

がんばります。

2011年7月23日 (土)

コンサートの準備

来る8月14日に,倉敷健康福祉プラザの5階ホールで「はあとふるコンサート」を開催します。昨日は,コンサートへ向けた練習をしました。

今回,高いキーの歌も多いので,喉のコンディションをいい感じにキープできるように日常的な配慮が必要です。

今日は,関係各位に招待の案内を作製する予定です。

詳細をおしりになりたい方は,直接ご連絡ください。

2011年7月19日 (火)

台風が来ています

台風6号がやってきています。マーゴンという名前だそうです。

そういえば,いつ頃からか,台風に名前がつくようになったようですが,しかし,名前で聞くことはほとんどないようです。

今回の台風は勢力を保ったまま,どんどんと四国の方へやってきています。急に東へ方向転換するようですが,今後どうなるのか気になるところです。

涼しくなった分にはいいですが,被害が出なければいいのですが。

2011年7月15日 (金)

人それぞれに生きる道

昨日,兵庫県の芦屋と西宮にある権利擁護センターへ見学・研修に行ってきました。私が事務所を構える倉敷市でもそのようなセンターを作る動きがあるようで,その実行部隊によって計画された研修会に便乗させてもらった形です。

それはそれで,勉強になりました。

ただ,私の気持ちは違う部分にとらわれ続けていました。

ここ,岡山県に比べて,兵庫県は人口が多いため,神戸などの都会に行くと,大きなマンションがたくさん建っていました。

阪神大震災から,みごとな復興を遂げた町は,そこに住む人たち一人一人のエネルギーによって支えられているんだろうなと感じました。

大きなマンションを見ると,ベランダに生活を感じさせる洗濯物や布団など干されています。あの窓の中,一つ一つに生活があるんだなとつくづく感じ,そこで生活する一人ひとりにまた人生がある。

あの大きなマンションの中にはどれだけの人生が詰まっているのだろう。たぶん,その人生を形であらわすことができれば,あのマンションには入りきれないだろう。

一人ひとりが,自分が主役の人生を,生活の舞台の中で演じている。過ごしている。

権利擁護とはそのとてつもなく広いそれぞれの人生を理解し,守っていくこと。

私は何と,とてつもない際限のない世界に足を踏み入れようとしているのだろう。

プロの後見人として,また気持ちが引き締められた,バスの中での出来事でした。

2011年7月11日 (月)

暑いけど,青空はいいもの

じっとしているだけで汗が流れる。

まさに夏。

最近は,温暖化,最高気温更新など耳にする機会が多いために,余計に熱く感じます。

クーラーは喉に良くないので,うちの事務所は来客がないときは極力天然の風と扇風機で過ごしています。

周囲にあまり高い建物がない場所での3階なので,風が通るうえに,湿気が少ないので,暑さもからっとしています。

とはいっても,暑いことは暑いものです。

それでも,最近,雨模様が続いたこともあり,晴天の空は気持ちいいものです。

ベランダから空を見上げて,今日もいい天気だと深呼吸。

ただ,5分としないうちに,汗がツーっと背中をつたい,暑い暑いと室内に退散します。

ベランダがコンクリなので水でもまきましょうかね。

季節からは逃げられない。逃げられないなら,どう付き合っていくのか考えて,大変ながらも小さな楽しみを見つけて,今年も過ごしていきますか。

2011年7月 9日 (土)

七夕の催し

7月7日に地元の吉備津彦神社で七夕の催しが開催されていました。

そこでミニコンサートが行われていました。その時のボーカルの方の声がすばらしく,感動と尊敬を覚えました。

自身もボランティアアマチュアバンドのボーカルを担当しているので,自分の出せない波動を送られている方は素直に尊敬します。

当日は雨がしとしと降って,あいにくの空模様でしたが,その雨空さえも幻想的でロマンチックに変えてしまう声でした。

2011年6月 1日 (水)

虐待の防止について

虐待による事件が後を絶たない状況が続いています。親族による高齢者虐待,親による子どもの虐待,施設等での虐待,ほとんど毎日のようにニュースが流れています。

先日,岡山市でも虐待の疑いにより16歳の高校生が亡くなりました。

気になるのは,例えば,老老介護等での介護疲れの中で引き起こされた殺人などで,一方的に加害者が非難されるのではなく,同情される面もあるということです。

もちろん,大変な状況の中での介護は想像を絶するものであると思われます。しかし,人を殺める行為はほんの少しでも「しょうがないか…」と思ってはならないと思います。

加害者が同情されることで,自分も社会的被害者であったとの意識が芽生えるかもしれません。そしてその芽生えは,起こしてしまった加害者の人でなく,現時点で介護等に追われている人の心に植えつけられることもあるでしょう。

今回の岡山市の事件では,本人の自傷行為をやめさせるために手足を縛ったという供述があったと新聞で報道されていました。しつけのために暴力を振るったという点もあったと思います。

誰でも,そのような行為が容認されるとは思っていないでしょう。しかし,自分の能力値を越えた現実が目の前にある時,「力ずく」な行為に走ってしまうもの現実でしょう。これを「しょうがない…」「いけないことだけど,気持ちはわからないでもない」と同情的に容認してしまうと,虐待は亡くならないと思われます。

個人等の対応でのその能力値を超えた場合には,やはり,社会がそれを支えていくほかはないのではないでしょうか?

役所は「事件が起こらないと動いてくれない」と言われることもあったようですが,現在は迅速に動く体制があるのではないのですか?事前相談,予防的措置を専門家がきちんと対応し,アドバイスできるような体制を一刻も早く作ってほしいと思います。

必要なのは加害者に対する罰ではく,救済的措置だと思われます。

2011年5月31日 (火)

君が代斉唱起立命令「合憲」判決について思うこと

今回の判決についてよく言われていることは「思想・良心の自由」の制約について出と思います。思想の自由は内なる部分では完全なる自由であってこれを誰かが制約することは違憲である前に,非常に困難であると思われます。

そして,「思想・良心の自由」はその内面にとどめ置く場合については何ら制約なく認められる自由と考えられます。

しかし,それが外部へ表出される場合,それは場合によって何らなの制約を受けることになります。

誰かを好きになり,その気持ちが心全体に広がっていても,それはその人の自由の範囲でしょう。しかし,その思いが高じてストーカーまがいの態度として表出されると,これは相手への影響も考えて,制約せざるを得ない場面が出てきます。

それでは今回の起立命令がそういった制約せざるを得ない場面であるかどうかが問われると思われます。最近はこういった内容の条例が大阪府で提案されているとも聞きます。

私自身は,公務員は様々な思想に対して中立的な立場を表出すべきではないかと考えています。

かといって過度にその立場をかたくなに守らせようとするのはどうかとも思われます。

そういった両面から考えて,今回は学校という教育現場で行われる表出活動はこの場合制約が必要かということです。

私が親として,自分の子どもの担任の先生だけ,かたくなにそのような態度をとっていたとしたら,「この場面でここまでの態度をとるということはかなり,思想的に偏っておられる。担任の先生として心配だなぁ」と素直に思うと思われます。

一方で,そのような態度を全然見せないまま,例えば,違う保護者から,「あの人はご自身の経験や思いなんかで,君が代には反対されていて,いろいろと仲間内で勉強されて,国等にも意見を出しているらしいよ。でも,この場において自分を出すのは間違いだから,自分の中で区別されて行動されているらしいよ」と聞くと,頑張っておられるんだなぁと素直に思うと思われます。

教育者である前に思想をもった個人であることは理解できます。しかし,教育の場においては教育者として子どもに与える影響を考えて行動してほしいと思いました。

2011年5月30日 (月)

障がいのある人にとって暮らすことの大変さ

今まで,私は障がいのある人やその家族の方々と出会いながら,その障がいそのものと向き合っていくことの大変さをつくづく感じさせられてきました。

障がいの状態が重度になると「生きる」といった命そのものについて常につきつけられながら生活していかねばならないこともあります。

「子どもが生まれた時,野原を駆け回り,ブランコを元気に漕いで,またある時は遊園地でメリーゴーランドに乗る。そんな夢を描いていましたが,うちの子は難しいようです」

と言われていた母親の言葉がありました。その子は呼吸器管理されていて,外出自体が難しい様子でした。

「この子にも野原の空気を吸わせてやりたい,遊園地のにぎやかな雰囲気を味あわせたい」

そう思う一方で,感染したらどうしよう。急激な環境に変化に体がついていかなければ,今後の体調管理が非常に困難になる可能性もある。

願いと現実のはざまで,常に悩みと向き合わなければいけないのです。

しかし,それだけではありません。

先日,こんなことがありました。

重症の障がいのある方の車椅子作成をしようとした時のことです。車椅子の助成を受けるためには更生相談所の診断が必要です。

この診断は本人が更生相談所に行くのが困難な場合,訪問しての診断も可能となっています。

この方は車椅子乗車は可能ですが,座る姿勢を確保するための筋力が弱いため20分程度継続して車椅子に乗ることが難しい状況です。そこで,安定して座れる車椅子を作ろうとしているわけです。

そこで,現在入所している施設に,その旨を伝えたところ

「うちでは呼吸器管理をしている人以外は訪問を利用しないことになっていますので,相談所に行って下さい」

とのことです。来所か訪問かを決めるのは医師の意見書によって更生相談所が決めることになっています。施設がそんなことに口をはさむのは理解できませんでした。

「医師が判断することでしょう?」

そう言うと

「このくらいの人の状態で意見書を書くと,うちに医師が更生相談所から悪く思われる可能性がある」

とのことでした。更生相談所までは30分はかかります。そして,そこでも40分以上は診断等に時間を要するとのことです。

その人は施設の行事(2時間程度の)にも20分程度しか参加できません。それ以上の時間,車椅子に乗っての参加が難しいからです。しかし,早くとも2時間近くかかるかもしれない,その診断には行きなさいとのこと。それは,施設が更生相談所から指摘されるかもしれないのでそれが嫌だから。

どこを向いているのでしょう?

まだまだ,バリアの多い社会の中で,生きていくのは大変です。それなのに,一番近くにいるはずの施設の方がさらに無理を押しつけてくる。理解のない環境の中では暮らすことだけでも大変です。



2011年5月25日 (水)

最近の報道から考えた信用と責任

昨日,地元岡山県で高校生が母親の虐待の疑いによって死亡したとの報道がありました。その報道を見て,先日高校を卒業したばかりの人がこう言いました。

「この学校信用なくしたね」

児童相談所にも相談を持ちかけていた。それも母親が,です。学校では母親から暴力を受けていた事実をつかんでいたとの報道もありました。

相談をされるのは信用されていたからでしょう。しかし,その信用を裏切る結果になってしまった。その結果として人が亡くなってしまいました。

この責任はだれが取るのでしょう?虐待死が事実であった場合に,それを見過ごしてしまった学校と児童相談所はどのような責任を取るのか?この結果に対しての責任をどう考えるのか?

少し前に「ユッケ中毒事件」がありました。この会社は信用を失い,当然に賠償も行い,焼肉屋の存続など考えている場合ではない状態であると思います。社長も会社も責任を取ってしかるべきだからです。この焼肉屋は信用をなくし,存続はできなくなるかもしれません。

しかし,これが結果責任であると思います。雪印も信用を失い,不二家も信用を失いました。そして当然に社会的責任をとることになりました。吉兆庵もしかり。

しかし,児童相談所と学校は存続することでしょう。その存続を脅かすほどの責任を追及されないからでしょうか?

そして,原発の事故。政府も東電も完全に信用を失っている状態であると思います。しかし,それぞれ存続しています。

信用を失っても存続できるといった状況は責任感を失わせると思いました。そして,そのような「軽い」責任感では,また同じことを繰り返すことになるわけです。

信用を失っても,「言い逃れ」「言い訳」によって自己弁護をして,自己満足な責任を果たしたと言うだけで,済まそうとするのはいただけません。

より以前の記事一覧

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック